アロマの仕事と資格
アロマの仕事で必要なこと

アロマの仕事と資格

香りが好き、アロマの素晴らしさを伝えたい、人の役に立つ仕事がしたい。アロマを仕事に考える理由はさまざまです。アロマスクールで学ぶ理由も「いつかアロマの仕事がしたい」は上位に挙がります。

私もアロマを学び始めたとき仕事にするのが夢でした。アロマで何がしたいのか、その時は分かりませんでしたが、資格があれば後々活かせるはずと思って取得しました。どのスクールで学べば良いのか、どの資格を目指せば良いのか迷っている生徒さまへ、アロマの仕事に必要な資格についてお伝えいたします。

アロマの資格と仕事
Check!
なぜアロマを仕事にしたいのでしょうか
アロマの資格より仕事にしたい理由が大切です。目的が分からないと必要なものが分かりません。
Point
1

アロマを伝える仕事

アロマの仕事では香りについて説明することは必要です。アロマ以外でも自分が働く仕事について説明しますよね。関わる業務について伝えられなければ仕事に従事していると言えません。

 

アロマについて知ることは簡単でも伝えることは難しいものです。実際の仕事では香り以外の質問も多く、病院やスクール勤務では、病気、生活、健康、美容など、さまざまな質問をいただきました。難しくて面白い、楽しくて遣り甲斐のある仕事です。

 

一般的にはアドバイザーやコーディネーターの資格に該当します。アロマの知識や技術を極めたプロフェッショナル向きです。お客様や生徒様に納得いく説明ができる、知識や経験が必要な仕事です。アロマ以外にも関連する分野に興味をもち、向上心がある人。伝えたい熱意があれば目指せる仕事です。

Point
2

アロマで癒す仕事

アロマの仕事では、香りで人を癒すことを理由にあげる人も多くいます。セラピストとしての人を癒す。医療や治療の「癒し」ではなく、施術を通してお客様の身体に触れる仕事です。五感の中の嗅覚と触覚へ同時に働きかけることで、心と体の深い部分にアプローチします。

医師、看護師、カウンセラーなど専門家がアロマを活用する場合もあります。癒しの可能性はアロマの醍醐味です。香り以外には所属する職場の専門分野の知識も必要です。

 

私の場合は産婦人科で働くために、周産期の解剖生理学とアロマ、タッチングの施術も不足していました。セラピスト資格をもっていましたが、現場で働けるとは言えないものでした。今思うことは、働く現場に則した知識と技術がなければ、資格は役に立たないということ。知識は参考だということです。

 

アロマの仕事に情熱をもって挑まれるなら、資格がなくてもお客様や面接官には十分伝わります。仕事の基準に足りる知識と技術を得ること、学び続ける熱意があれば、資格は全てではないように思います。

 

関連記事

医療機関で求められるアロマセラピストになる

Point
3

アロマで育てる仕事

「アロマを伝える仕事」と似ています。香りを伝えることは、アロマに関わり経験を積むと少しずつできるようになります。伝える以上に難しいのは人を育てることです。

 

一般にはインストラクター資格に該当します。アロマの魅力や実践方法など知識を教える資格です。学びや勉強が好きなでも人に伝えるのは苦手な方もいます。学びはインプット、伝えるはアウトプットで違う技術だからです。

 

知識を教えるだけでも人は成長できますが、能力が伸びるように育てる、教え導くことは、相手をしっかり見ていないと難しいものです。同じ説明をしても感じ方が違うように、興味がある分野も習得するスピードも全く違うからです。

 

アロマの仕事を実現するなら目的をはっきりさせることが大切です。スクールや講師選びの基準になり、資格取得の意義になります。アロマに限らす、仕事の目的がなく成功している方はいません。皆さんはいかがでしょうか。

aromaflo

毎日を健康で美しく過ごす為には、自然治癒力を高める規則正しい生活が欠かせません。アロマフローでは栄養・睡眠・運動を基本にした生活習慣と、+α香りを活用した豊かなライフスタイルをご提案いたします。

(17)
aromaflo 堀田 明日香

IMA認定
メディカルアロマインストラクター
プロフェッショナルメディカルアロマセラピスト
AEAJ認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

 

勤務経歴

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 産婦人科
医療法人 心会 おさむら産婦人科
医療法人桜花会 あきせウィメンズクリニック

写真引用:

Pexels