アロマで精神安定
ストレスへの活用法
メンタルケアと香り

精神安定にもアロマが注目されています

香りの歴史は古く何千年も前から世界中のさまざまな地域で利用されています。瞑想や神への捧げもの、異性を惹きつける香水、戦争による怪我の治療や消毒など、私たちの生活の中に根づいてきました。近年では癒しやストレス解消にアロマが利用されています。

 

精神疾患により医療機関に罹る患者数は近年大幅に増加しています。平成29年には400万人を超え、今や精神疾患は現代病の1つです。鬱、統合失調症、不安障害、パニック障害など誰もが起こり得る身近な症状です。精神安定に役立つ香りの活用をご紹介いたします。

Check!
精神安定に働きかけるアロマ
使用する精油の禁忌に気を付けて、好きな香りから始めてみましょう。
Point
1

不安定で衰弱した精神状態に

気分の移り変わりが激しく不安定な精神安定には、イランイランやジャスミンの花精油がお勧めです。パニックや不安感を落ち着かせ緊張を和らげてくれます。香りが濃厚なため使用量は控えめに。衰弱した精神状態を活性化するには、アニス、タイムリナロール、ベルガモットミントなどが良いでしょう。精神の強壮に働きかけてくれます。アニスはホルモン依存型疾患の方は禁忌です。皮膚感作も強いので注意して使用しましょう。

 

関連記事

アロマ ディフューザーオイル プラナロム精油の香りガイド

Point
2

落ち着かず不安な気持ちに

心と体の両方に働きかけるローズ、不安感や抑鬱にネロリ、調整作用に優れたゼラニウムは、女性の体調不良やトラブルの強い味方です。不安を取り除き落ち着きを取り戻してくれます。またクラリセージプチグレンなど、緊張を和らげ落ち着かせてくれるリラックス作用のある精油もお勧めです。中枢神経を鎮めるローマンカモマイルベルガモットマンダリンも良いでしょう。不眠やストレスからくる不安を鎮め安らぎを与えてくれます。

Point
3

落ち込んだ気分を明るくする

鬱状態の落ち込んだ気持ちから、元気に明るく気分を高める抗鬱のアロマもご紹介します。上記と同じイランイランゼラニウムネロリプチグレンローズ。他にもフランキンセンスラベンダーアングスティフォリアなどが良いでしょう。心の痛みを和らげ平穏へと導いてくれます。交感神経と副交感神経のバランスを調整するサイプレスジュニパーの併用もお勧めです。ホルモン依存型疾患や腎臓に障害がある方の使用はお控えください。

aromaflo

毎日を健康で美しく過ごす為には、自然治癒力を高める規則正しい生活が欠かせません。アロマフローでは栄養・睡眠・運動を基本にした生活習慣と、+α香りを活用した豊かなライフスタイルをご提案いたします。

(17)
aromaflo 堀田 明日香

IMA認定
メディカルアロマインストラクター
プロフェッショナルメディカルアロマセラピスト
AEAJ認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

 

勤務経歴

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 産婦人科
医療法人 心会 おさむら産婦人科
医療法人桜花会 あきせウィメンズクリニック

写真引用:

Pexels