アロマで精神安定!
ストレスへの活用法
メンタルケアに香りを利用しよう
Aromaflo
商品やスクールに関する

精神安定にもアロマが注目されています

香りの歴史は古く何千年も前から世界中のさまざまな地域で利用されてきました。瞑想や神への捧げものとして、異性を惹きつける香水として、戦争による怪我の治療や消毒など、私たちの生活の中に根付いてきました。近年では芳香による癒しやストレス解消にアロマが利用されています。

 

精神疾患により医療機関に罹る患者数は近年大幅に増加しており、平成29年には400万人を超えています。今や精神疾患は現代病の1つ。鬱、統合失調症、不安障害、パニック障害など誰もが起こり得る身近な症状です。精神安定に簡単で効果的な香りの活用をご紹介いたします。

Check!
プラナロム精油を使ってケアみましょう
精神安定に働きかけるアロマの作用を理解することで、使える香りは大きく広がります。使用する際の禁忌に注意して、まずはお好きな香りから始めてみましょう。
Point
1

不安定で衰弱した精神状態に

気分の移り変わりが激しく不安定な精神安定には、イランイランやジャスミンの花精油がお勧めです。パニックや不安感を落ち着かせ緊張を和らげてくれます。香りが濃厚なため使用量は控えめに。溶剤抽出のジャスミンは肌への塗布にも注意します。衰弱した精神状態を活性化するには、アニス、タイムリナロール、ベルガモットミントなどが良いでしょう。精神の強壮に働きかけてくれます。アニスはホルモン依存型疾患の方は禁忌。皮膚感作も強いため使用には注意して使用してください。

Point
2

落ち着かず不安な気持ちに

心と身体の両方に働きかけるローズ、不安感や抑鬱にネロリ、調整作用に優れたゼラニウムは、女性の体調不良やトラブルの強い味方です。不安を取り除き落ち着きを取り戻してくれます。またクラリセージプチグレンなど、緊張を和らげ落ち着かせてくれるリラックス作用のある精油もお勧めです。中枢神経を鎮めるカモマイルローマンベルガモットマンダリンも良いでしょう。不眠やストレスからくる不安を鎮め安らぎを与えてくれます。

Point
3

落ち込んだ気分を明るくする

鬱状態の落ち込んだ気持ちから、元気に明るく気分を高揚させる抗鬱作用のアロマもご紹介します。上記と同じイランイランゼラニウムネロリプチグレンローズ。他にもフランキンセンスラベンダーアングスティフォリアなどが良いでしょう。心の痛みを和らげ平穏へと導いてくれます。交感神経と副交感神経のバランスを調整するサイプレスジュニパーなど併用もお勧めです。ホルモン依存型疾患や腎臓に障害がある方の使用はお控えください。

精神安定に働きかけるアロマテラピー

アロマテラピーのススメ

今まで沢山のお客様へアロマテラピーを行い、カウンセリングと施術をする中で気づいたことがあります。心と身体は相互に関係し影響しているということです。「心だけはとても元気」とか「身体だけ快調」ということはありませんよね。心の不安が身体の不調へ繋がったり、身体のトラブルが心に影響を与えています。精神安定を図るということは、身体の健康にも繋がるということです。

 

アロマで治療はできませんが、ストレスの軽減や緩和を図ることは可能です。そして私自身は特に精神安定や強壮に関しては、肉体以上にアロマテラピーが有効的だと感じています。香りの有無でお客様の表情、会話、コミュニケーションなどの反応や変化が全く異なるからです。精油の成分、効能、作用について知識を深めたい方はスクールをご利用くださいませ。プライベートレッスンにて生徒様のご希望に対応しております。

 

ご自身の健やかな生活と健康の維持に、香りをもっと手軽で身近な存在としてご活用いただけるよう取り組んでまいります。精神疾患が増加する現代に、病気にならない身体づくりの1つとしてアロマテラピーの可能性を感じていただくことができれば幸いです。

Aroma School

精神安定にアロマテラピーの活用法を学んでみませんか?

大分を拠点に活動するアロマスクールでは、メディカルアロマを実践しながら楽しく学べる講座を開講しています。香りがどのように心身へ影響を及ぼすのか、体調に応じたアロマオイルの選定や症状緩和の使用法など、専門的な知識をお伝えしています。ぜひ大分のアロマスクールをご利用ください。

Instructor

(13S)
Aromaflo 代表 堀田 明日香

IMA認定
メディカルアロマインストラクター
プロフェッショナルメディカルアロマセラピスト
AEAJ認定
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

 

勤務経歴

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 産婦人科
医療法人 心会 おさむら産婦人科
医療法人桜花会 あきせウィメンズクリニック